おすすめ・口コミ プロモーション

美容脱毛サロン・医療脱毛クリニック・家庭用脱毛器、一番ベストはどれ?併用は?

こんにちは。イメージコンサルタントのmaricoです。

このページをご覧の方は脱毛に興味がおありだと思いますが、今はいろんな脱毛方法があります。

大きく分けると「美容脱毛サロン」「医療脱毛クリニック」「家庭用脱毛器」の3つがあり、私自身すべての脱毛方法を今まで経験してきました。

そこでこの記事では、

  • それぞれのメリットデメリット
  • 最終的にどの脱毛方法がベストか?
  • 併用するのはどうなのか?

について解説していきます。

ABOUT ME
marico
mari-colore代表。大手下着メーカーの株式会社ワコール出身で3児のママ。今はパーソナルカラー・骨格・顔タイプ診断を行い、 一人ひとりに似合うファッションとメイクをお教えする『イメージコンサルティングサロン』を東京・千葉で運営♠
本コンテンツはmari-coloreが独自に制作しています。メーカー等から商品・サービスの無償提供を受けることはありません。成果報酬型の広告リンクを掲載することもありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは広告掲載ポリシーをご覧ください。

「美容脱毛」を行うのが脱毛サロンと家庭用脱毛器

脱毛クリニック,医療脱毛

美容脱毛はサロン脱毛とも呼ばれ、エステサロンや自宅で実施できる脱毛法です。

ワックス脱毛、光脱毛、電気脱毛など、様々な方法があります。

特に脱毛サロンや家庭用脱毛器で多いのが、光脱毛(フラッシュ脱毛)です。

痛みが弱く、多くのサロンで行われている方法です。

黒色に反応する波長の光を照射し、毛根のメラニン色素に作用させることで脱毛ができます。ただし抑毛・減毛効果にとどまり、永久脱毛はできません。

医療行為ではないため、エステサロンでは研修などで指導を受けたスタッフが施術します。

脱毛サロンのおすすめ人気ランキング&口コミ評判の比較4選【2023年12月更新】脱毛サロンは多いので、どこに通うか迷うもの。そこでこの記事では、人気の脱毛サロン6社をランキング形式でご紹介します。...

「医療脱毛」によって永久脱毛できるのが脱毛クリニック

脱毛クリニック,医療脱毛

医療脱毛は、医師によって行われる脱毛手段です。

レーザーや光線などの医療機器を使用して毛根を破壊し、毛が抜けて再生されないようにすることで、「永久脱毛」ができるのが特徴です。

医療脱毛は、一般の脱毛と違い費用が高く、また、脱毛後の副作用もあるため、専門の医師によって行われる必要があります。

一般的に、医療脱毛の種類には、光脱毛、レーザー脱毛、光電脱毛などがあります。

【口コミ】医療脱毛クリニックおすすめ10選!全身脱毛の料金・特徴を徹底比較【2024年5月更新】脱毛クリニックは多いので、どこに通うか迷うもの。そこでこの記事では、人気の脱毛クリニック10社をランキング形式でご紹介します。...

医療脱毛の種類その1「光脱毛」

光脱毛は、光線を肌に照射し、毛根部に届く光エネルギーが毛根を破壊することで脱毛を行います。

この方法は、毛周期によって効果が異なるため、脱毛前には脱毛の適応性を評価することが必要です。

医療脱毛の種類その2「レーザー脱毛」

レーザー脱毛は、レーザー光を肌に照射し、毛根部に届く光エネルギーが毛根を破壊することで脱毛を行います。

この方法は、毛周期に関係なく、毛根部を直接破壊するため、効果が高く、また、肌への影響も小さいとされています。

医療脱毛の種類その3「光電脱毛」

光電脱毛は、光と電気を組み合わせた脱毛方法です。

光線を肌に照射し、毛根部に届く光エネルギーが毛根を破壊し、電気を流し込むことで、毛根部をより的確に破壊することで脱毛を行います。

この方法は、毛周期に関係なく毛根部を直接破壊するため、効果が高く、また肌への影響も小さいとされています。

そもそも永久脱毛とは?

永久脱毛の定義は「最終脱毛をしてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であること」です。

つまり、未来永劫完全に毛が生えてこないことが約束された状態ではないということです。

もちろん完全に生えない状態になることもありますが、減毛された状態が長時間続くことであると解釈した方がギャップがありません。

また、永久脱毛は医療脱毛でしかできません。

一部の脱毛サロンなどでは「永久保証」のように「永久」というキーワードを使っているものがあります。

しかしそれは「永久に通えます」という意味合いで使われているので、永久脱毛と間違えないよう注意が必要です。

脱毛サロンと脱毛クリニックの違い、メリットデメリット比較

脱毛サロン,脱毛クリニック,違い,メリット,デメリット,比較

金額

医療脱毛は回数が限定されていることがほとんどですが、美容脱毛は回数が無制限になっているサロンが多く存在します。

どちらが本当にお得なのか。

「各部位で自己処理が不要になる程度」の効果が出るまでの回数とその総額を比較することで明らかにします。

ここでは総額=回数×値段とします。回数と値段について一覧で比較していきます。

脱毛部位 脱毛サロン 脱毛クリニック
120,000円
(12,000円×10回)
119,400円
(19,900円×6回)
ワキ 34,950円
(2,333円×15回)
31,680円
(3,960円×8回)
腕・脚 150,000円
(15,000円×10回)
143,400円
(23,900円×6回)
VIO 183,000円
(12,200円×15回)
159,200円
(19,900円×8回)

ご覧の通り、1回あたりの金額は脱毛サロンの方が安いですが、総額で見ると同等かやや脱毛クリニックの方が安くなることが多いです。

ただ、VIOのような毛量が多くて濃い部位に関しては、脱毛サロンだと効果が出るまでに必要な回数が多くなってしまい、

脱毛サロンの方がかなり安くなります。

そのため、費用の観点からは脱毛サロンの方がおすすめです。

痛み

美容脱毛と医療脱毛のどちらも刺激があるというのは前提ですが、医療脱毛の方が肌への刺激が強いです。

医療脱毛は美容脱毛よりも、強いパワーをもつレーザーを使用しているためです。

しかし医療脱毛は医療行為であるため、麻酔が使用できます。

脱毛の痛みは部位によって異なり、

  • 毛が太くて濃い箇所
  • 神経が集まっている箇所
  • 皮膚が薄い場所

ほど痛みが強くなります。

具体的には、男性のヒゲ脱毛が最も痛みが強いと言われており、その次にワキとVIOの脱毛が痛いです。

麻酔を使用すると痛みが無くなったり、チクッとしたり熱くなったりする程度におさまります。

上記のような痛みの強い部位での医療脱毛では必ず麻酔を使用し、それ以外の部分はご自身の感覚やクリニックと相談しながら決めるのがおすすめです。

安全性

安全性については、やはり医師や看護師が在籍している医療脱毛の方が優れていると言えるでしょう。

そして、医療脱毛は名前のとおり医療行為です。

そのため、施術も国家資格を持っている医師や看護師が行ってくれるため安心感があります。

サロン脱毛もサロンが提携しているクリニックがある場合が多く、肌トラブルなどが起きた際には紹介してもらえるため過度な心配は不要です。

脱毛効果

美容脱毛と医療脱毛それぞれの、

「効果を実感するまでの回数(期間)」
「脱毛完了までの回数(期間)」

の目安をまとめました。

美容脱毛 医療脱毛
効果を実感する
脱毛回数(期間)
6~10回
(~1年)
3回
(~半年)
脱毛完了までの
脱毛回数(期間)
18~24回
(2年~2年半)
5回〜8回
(1年~1年半)

回数や期間は「毛質や肌質」「脱毛部位」「仕上がりに求めるレベル」で増減します。

例えば、毛の濃いVIOやワキ、産毛の多い顔や背中などは、施術回数が増えやすい部位です。

自己処理を楽にしたいのか、ツルツルを目指すのかでも、脱毛完了までの回数や期間は変わってきます。

ただ、いずれにせよ、医療脱毛の方が脱毛機の出力(パワー)を高く設定できるので、効果が高い(短期間で脱毛完了できる)のは間違いありません。

脱毛効果を何よりも重視するなら、医療脱毛一択です。

脱毛サロンと脱毛クリニックの違いまとめ

脱毛サロン,脱毛クリニック,違い

1回あたりの金額は脱毛サロンの方が低いですが、トータル金額はサロンとクリニックの違いはあまりありません。

効果を実感できるまでに必要な回数が少ないので、場合によっては脱毛クリニックの方が総費用は安くなることもあります。

そして脱毛クリニックの方が効果が大きく、短期間で脱毛できますが、脱毛サロンも継続的に通うことで効果が得られます。

まとめると、効果重視で費用面に問題ない方は脱毛クリニックがおすすめです。

そして、金銭的に余裕がないので少しずつ脱毛を進めたい方は、脱毛サロンがおすすめです。

脱毛サロンと家庭用脱毛器の違い、メリットデメリット比較

脱毛サロン,家庭用脱毛器,違い,メリット,デメリット,比較

サロンでの脱毛と家庭用脱毛器の性能の違いをまとめると、次のようになります。

サロンの脱毛 家庭用脱毛器
費用(※サロンは全身脱毛) 25万円~40万円 4万円〜9万円
出力(ジュール) 15J~30J 10J〜20J
痛み 普通~強い 弱い〜普通
照射面積 広い 狭い
種類 少ない 多い
安全性
【口コミ】家庭用脱毛器おすすめ人気ランキング9選!VIOに効果はある?【2024年5月更新】家庭用脱毛器は多いので、どれを使うか迷うもの。そこでこの記事では、人気の家庭用脱毛器10個をランキング形式でご紹介します。...

家庭用脱毛器は一度に光を当てることができる範囲も狭くなってしまいがちですし、背中など手の届かない部分には照射できません。

また、家庭用脱毛器は、サロンの脱毛器と比べると、半分程度のパワーしかありません。

ただし、家で照射できる上にコンパクトで持ち運びができるので、続けやすいのがメリットです。

VIOなどの毛の濃い部位は、家庭用脱毛器だけでツルツルにするのは難しいですが、減毛・抑毛効果はありますし、顔・腕・脚などの産毛を処理するには使えます。

また真皮の肌細胞が刺激を受けることによって、コラーゲンの合成を促進する働きがあります。

そのため脱毛効果以外にもお肌のハリやツヤが良くなる、シワや毛穴の開きが改善するといった美肌効果を得ることができます。

家庭用脱毛器も決して安くはないですが、脱毛サロンに比べるとはるかに価格が低いですし、分割ならば無理のない金額です。

そのため、脱毛初心者の方の第一ステップとしてもおすすめです。

脱毛サロン・医療脱毛クリニック・家庭用脱毛器はどれが一番ベスト?

まとめると、何よりも脱毛効果を優先する方、早く脱毛したい方は脱毛クリニックでの医療脱毛がおすすめです。

脱毛効果も重視したいけど、金銭的な面も踏まえて少しずつ進めたい方は、脱毛サロンがベスト。

「まずは自分で軽めに脱毛したい」

「顔・腕・脚などの薄い毛を脱毛していきたい」

「VIOはツルツルではなく毛量を減らして整えたい」

という方は、家庭用脱毛器がおすすめです。

脱毛サロン・医療脱毛クリニック・家庭用脱毛器はどう併用するのがいい?

家庭用脱毛器,脱毛クリニック,併用

最後に、私は「脱毛クリニック」と「家庭用脱毛器」を併用しています。

記事の中でお伝えしたように、医療脱毛は永久脱毛が実現できますが、その定義は「最終脱毛をしてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であること」です。

そのため、医療脱毛によって永久脱毛をしても、部位によっては薄い毛は生えてくるんです。

そうした毛を処理し、肌をケアしていくために、家庭用脱毛器も併用しています。

最後の薄い毛があるかどうかで、全然見た目の脱毛効果が変わってくるので、併用はとてもおすすめです。

ぜひ参考にしてください。

関連記事